物件選びで注意しておかなくてはいけないことを知ろう

賃貸を借りる条件は変わってきている

賃貸の物件探しは昔から同じようでも少しずつ変化しています。一昔前は賃貸物件を借りる際は敷金や礼金を支払うのが当たり前でしたが、最近ではより賃貸を借りやすくするためか、敷金や礼金が0円の物件や保証人が必要ない物件が存在します。一見とても便利に思えますが、この両者には注意し負ければいけない点があります。

敷金礼金0円について

まず、敷金や礼金がどのようなものかを理解しておく必要があります。

敷金というのは、基本的には入居者から大家さんから預かっておくお金です。このお金は基本的には退去時の原状回復の際に使われます。一方、礼金はこれからお世話になりますという名目で支払われる形式的なお金です。

礼金が0円なのは特に問題ありません。礼金が入居しているときや退去の際に使われることが無いからです。ただし、敷金に関しては0円である場合、物件の詳細をよく確認しておく必要があります。

本来原状回復のために使うお金を受け取らないわけですから、物件によっては退去時に部屋のクリーニング料としてお金を請求される場合があります。敷金0円の物件の場合は退去時の料金に関してしっかりと確認しておきましょう。

保証人が必要ない物件

保証人がどうして必要かというと、家賃が支払われないときの予防策です。家賃が支払われない場合、保証人から家賃を請求することになります。この保証人が必要ない物件の場合は保証会社と契約することとなり、家賃が支払われない場合は保証会社が肩代わりすることになります。

しかし、あくまでも肩代わりであり、支払う必要が無くなるわけではないということを把握しておきましょう。

苫小牧の賃貸では、ファミリー向け物件も充実しており、間取りや設備だけでなく周辺環境なども重視しながら選べます。