競売にかけられてしまう前に処分!?任意売却のメリットとデメリット

任意売却は市場価格に近い額で売れます

住宅ローン返済が困難になった時、金融機関は競売に掛ける準備をスタートします。

住宅ローンを組む時には、ローンの対象になっている土地や建物に抵当権が設定されるので、返済が出来なくなった時には抵当権を行使して不動産を売却する権利を金融機関は持っています。

競売に掛けられると、市場価格の6割などの値段で売却が進められてしまう、住宅ローンの残りが売却益よりも大きければ、不動産を処分したのにも関わらず、ローンの残債だけが残ってしまうケースもあります。

残債は自己破産をしなければゼロになる事はないため、家を失うと同時に借金だけが残る事になります。

しかし、任意売却を行うと市場価格に近い金額で売れるので、借金の額がゼロになる可能性、売却益が大きい場合には損をしないなどのメリットがあるのです。

もたもたしていれば競売が待っています

任意売却は競売に掛けられる前に自らの意思で不動産を売却する方法です。

但し、任意売却は自分の意志で売却が出来ると言っても、抵当権が設定されているので金融機関に対しての交渉を行う必要があります。

抵当権はいわゆる所有権の一つでもあり、住宅ローンを完済した時に抵当権が解除され、自分の所有物になるものでもあるのです。

任意売却を進めるためにはスムーズに行う必要があり、任意売却に強い不動産会社などを選ぶ事が大切です。

尚、任意売却は専門の会社に依頼をする事で、金融機関に対しての交渉や売却活動を全面的にバックアップしてくれるので、競売に掛ける前に不動産を処分し、ローンの支払いが出来るように導いてくれます。

競売になると、家の売却代金は全額ローンの返済にあてられてしまいますが、任意売却なら、一部を引っ越し費用として残せる可能性があります。