壁の向こうは家族の部屋!?一戸建て住宅のメリット

一戸建て住宅は土地と建物の所有権があります

マイホームを持つなら一戸建て住宅が良いと感じる人もいれば、マンションの方が値段は安い、自己所有のマイホームになるなど、それぞれ考え方は様々です。しかし、マンションの土地は区分所有権と呼ばれているもので、専有面積の割合で土地の持ち分が決まります。更に、マンションの土地は所有権を持っていると言っても、自由に使う事は出来ません。例えば、建物が古くなったので、所有している土地に新しい建物を作るなどは出来ないわけです。その点、一戸建て住宅の土地は、すべてが所有権を持つので、既存の建物を解体すれば、新しい家を作る事も出来るなどのメリットを持ちます。しかも、一戸建て住宅は管理費や修繕積立金などの費用が要らないので、購入後にかかる費用を削減出来るなどのメリットもあるわけです。

他の部屋に住む人への配慮が要らない

一戸建て住宅を購入する人の中には子供が小さいのでマンションではなく一戸建てを選ぶ人も少なくありません。マンションの場合、1階の住居であれば、子供が走り回っても階下に聞こえる事はありませんが、2階以上の住居の場合、子供が室内で走り回れば、音が階下に聞こえてしまいます。夜遅い時間帯などに子供が玩具を床上に落とす、室内を走り回れば階下に音が伝わり迷惑をかけてしまう事もあるわけです。その点、一戸建て住宅は他の世帯が暮らしているわけではないので、子供が自由に遊ぶ事が出来る、部屋の中を走っても迷惑が掛からないなどのメリットを持つなどの理由から一戸建て住宅を選ぶ人も多いのです。

所沢で一戸建てを購入する場合、都心と比べて購入費用を抑えられる他、都心への良好なアクセス環境を確保できる点も魅力です。