賃貸物件選びにはコツがある!?キーとなる条件を知っておきましょう

サブリースには手を出さない

不動産屋へ出向いた時に、物件選びに失敗したくない場合には、受付票にサブリース物件不可と書いておけば、適当な案内をされることはなくなります。なぜなら、サブリースの部屋は又貸しされている部屋となるので、トラブルに巻き込まれた時に借地借家法で保護されない可能性があるからです。ある程度知識がある来店客だと不動産屋に認識させることが出来るので、特別な事情が無いかぎり不利な契約条件のサブリースには手を出さないことが重要になります。

定期借家契約は避けましょう

案内された部屋の情報を必ず確認する必要があります。中でも、忘れずに確認しなければならないこととして、普通借家契約ならば問題ありませんが、定期借家契約と書いてある部屋は避けることが無難です。定期借家契約の部屋は、家賃が他の部屋の半額などの特殊な条件でもない限り、期間が来たら再契約出来ずに部屋を明け渡すことになっても文句が言えないからです。分譲賃貸マンションのように、期間限定でオーナーが安く貸している場合を除いて、定期借家契約は入居者にとってメリットがありません。

保証人を立てて借りられる部屋は優良物件が多い

インターネットを利用して部屋探しをしていると、保証会社利用必須という条件が付いた部屋ばかりが埋め尽くされています。実は、不人気物件の特徴として、保証会社の契約を必須とする物件が挙げられているからです。優良物件は、不動産屋に確認すると保証人を立てて普通に借りることが出来るので、人柄が良い大家さんが貸している部屋を見つけるためには、保証会社を使わずに保証人を立てて借りられる部屋を希望してみると良いでしょう。

札幌の賃貸マンションの人気のあるプランとして、契約期間が比較的自由に決められることや、入居のスケジュールが分かりやすいことがあります。